愛犬が亡くなりそう。愛犬の最期にしてあげられること

大切な家族である愛犬の最期に「何かしてあげたい…」きっと飼い主の皆さんそう思うでしょう。

 

 . . *:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*

 

 

愛犬は死期が近づいたとしても、いつもと違う何か特別なことを求めているわけではありません。

 

きっと今まで通りの安心と幸せいっぱいの日常を最後まで求めているはず。

 

中には、最後にご病気で大変な愛犬もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが愛犬の状態がどうあれ、すぐそばに大好きな飼い主様がいるだけで愛犬は本当に嬉しいと思います。

 

 . . *:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*

 

 

今回は、愛犬の死期が近づいてしまっても、してあげられることを具体的に3つご紹介いたします。

 

1.大好きなご家族とたくさんの時間を一緒に過ごす

 

2.体調が良さそうならお散歩や日向ぼっこさせてあげる

 

3.愛犬が好きな人やお友達に会わせてあげる

 

 . . *:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*

 

 

【1.大好きなご家族とたくさんの時間を一緒に過ごす】

 

たくさんの時間を一緒に過ごしながら、飼い主様からたくさん話しかけてもらえることも愛犬は嬉しいでしょう。

 

「犬の十戒」という有名なポエムの中にも、飼い主様からたくさん話しかけてもらえると愛犬は嬉しいと記されています。

 

長い間ご家族と一緒に過ごしてきた愛犬ですから、飼い主様がなんて自分へ声をかけてくれているか?きっと伝わっていると思います。

 

 . . *:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*

 

 

【2.体調が良さそうならお散歩や日向ぼっこさせてあげる】

 

体調が良く外出できそうならお散歩や日向ぼっこもさせてあげると良いでしょう。

 

日光を浴びたり外の空気を吸ったり景色を見たり♪

 

愛犬の気分がとてもリフレッシュできるでしょう。

 

 . . *:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*

 

 

【3.愛犬が好きな人やお友達に会わせてあげる】

 

愛犬に好きな人やお友達がいるなら会わせてあげると良いでしょう。

 

死期が近いと尻尾を振る体力もないワンちゃんもいらっしゃるかもしれません。

 

ですが反応がなくても声や匂いで感じ、きっと喜んでいるはずです。

 

 . . *:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。*

 

【まとめ】

 

愛犬の死期が近づくと飼い主様もパニックになったり感情的になってしまって、冷静な判断ができない時もあるかもしれません。

 

そして愛犬の最期だから…と、いつもと違うことを何かしてあげようと考えてしまうかもしれません。

 

ですが愛犬には最後まで、今まで通りの安心や日常をしてあげると良いでしょう。